忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

未完の旅行


まず、見て次の引用ではもちろん私も必ずでもない断章、作者はこの話を与えるかもしれない俺の下に自分の理解と悟りの意味から、たくさんの本を書いてのCloud Hosting初めは実はとてもいくらかの詳細は賦その特別な意味ではなく、いつもの通り義理や論理順にもちろん、これを書いて、いを否定はしないたくさんの本や隠れや現の表現を解釈にいくつか道理悟ることや、ただいずれにせよ、原文の基礎の上で人が平板のある人が感慨、理解する、このことはきっとといくつかの経験に関連する本かどうか意義があって、1段の話を重視するべきかどうかも人によっては。

「創痍斑の幹がいっぱい生えてなければならない樹皮才能再が白、赤や灰色で、一部の木々は二度と獲得新生した、樹木黒焦げの死の木。数年後、朽ち解の殘った露のように骨骸過ぎ去りやすいように、時間の流れで消えていくが、次第に隠され、ほこりや往来の小さな下の成立海外公司ひづめ印刷します。知っているある物語の浮浪者は泥に上に殘された跡に知らない、この物語の浮浪者を見ると、この物語になるまで某所伝承の構成部分」。これは『イバラの鳥」の中でその場に徳罗海达大火災雨消し二ヵ月後の光景の一節を引用し、その言葉の完備していないで、甚だしきに至っては後ろに二つ変われるのがもっと私によると、結局私は流浪者が、たとえよう流浪者は、必要もない自分の烙印をあおる、自分に関する世界は等しいこの汚れの俗家は俗世、ありかのこの土地が広く宣伝され、その伝説に、霊魂の世界にはない、あるいは、清浄な世界が自分で知っているが。まさにこれらのこだわらないかもしれない私に多くの思考と悟る空間。一生はそんなに長くて、いつもいくつかの心の中でこと、または意図的に隠し、または固守する執念、その火を十分な雨はまだ必要で、長い時間が元の怒り。一部の人は大でこぼこで挫折され、灰燼も自分が弱すぎるか、絶望、結果は同じで、それも知らない道も秒1秒で歯を食いしばって堅持する総を抱く次の瞬間のかすかな希望は、少数ではあるが確かに来て分岐し、これから条件許可して十分な場合は、もっと生き生きと、もっと豊富かつ延長。もちろん、灰になっただけかもしれない災難の渦は更に近く、ならない死木が、当初の美麗華領隊すべては自分で选んだのですか?どのような位置に身を置くか、前には遠く、宿命だろう!

に従って信念を持って、執念、歩いて何年ですか。あれらの朽ちて解の殘骸のか本当に露のように時間の研磨にだんだんで蒼白されか紅塵の中で惨敗やその後の小刻みな凡音さだ?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

John

An fascinating dialogue is value comment. I believe that it is best to write more on this matter, it might not be a taboo topic but generally individuals are not sufficient to talk on such topics. To the next. Cheers fakkkefddegbdaad

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/24 Smithg556]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R